Pixivインターンに行ってきた

夏休みのうちの2週間を利用してPixivのインターンに行ってきたので、ログを残しておこうと思う。

なにがしたかったか

UI/UXデザインコースというのに申し込んで、それに参加した。
デザインもできるエンジニアになるというのが目標なぼくだけど、最近エンジニアよりなことをする機会が多く、もっとデザインする機会を増やしたかったので、デザイナーコースで参加した。

なにをしたのか

今回のインターンでは25人を4チームに別けて、それぞれアプリを開発するということをやった。開発するアプリには条件が2つ設定されており、それにそって開発を進める。尚、4チーム中2チームはiOSアプリ、もう2チームはAndroidアプリを開発する。

そして、ぼくが配属されたチームはAndroidのチームだった。 今まで、Androidアプリのデザインをしたことも無ければ、Androidを持ったことも無い、会社にある検証機でAndroid標準ブラウザは糞!!って言いながらデバッグした経験くらいしか無い、そもそもAndroid嫌いだし、標準ブラウザが悪い子だから。

まあでも、なんやかんやあって最初の3日くらいで作るアプリを決めてデザインにとりかかった。

ここからは、ちょっと話が細かすぎるのでババッと書くと「2回生のデキるエンジニアさんに、それはマテリアルデザインじゃないと怒られ泣きそうになりながら、味噌汁を飲んでマテリアルデザインガイドを読み耽り徹夜して、無能だな自分と落ち込みつつもなんとかデザインを完成させエンジニアさんに託して仕事終わり...と思ったら機能ガラリと変えようみたいな話になって、それがかなり良いアイデアだったのでまた徹夜してデザインをし自らの無能を知り落ち込みつつもアプリが完成」みたいな感じだった。

結果、優勝はできなかった。原因は色んな人に言われたけど「テーマとあってない」だった。正論だと思った。 正直ベースで申し上げるとアプリの完成度自体はかなり群を抜いてたと思う。 はい。

なにがだめだったか

がんばるぞい

Pixivについて

オフィス綺麗だし、社員さん優しいし、社員さん凄いし、漫画沢山あるし、ボドゲ沢山あるし、味噌汁飲めるし、サイコーって感じでした。

こんな人に勧めたい


こちらからは以上です