実家を出て思ったこと

夏休みがあけたあたりから、実家を出てシェアハウスで暮らしてる。

実家を出て思ったのが「やべぇ...何もしねぇ...」ってことである。 整理はしないし、ゴミは捨てないし、シャワーは浴びないし、ご飯すら食べない、もちろん歯も磨かない。

実家にいると毎日のように「部屋汚い!片付けろ!」、「ゴミを放置するな!ゴミ箱に入れろ!」、「臭い!シャワー浴びろ!」、「ご飯できたでー」、「歯磨きなさい!せっかく虫歯のない子に育てたのに!」とうるさかった母親に、今ではサンキューがヤバイ。

実家に帰るたびに「ちゃんとご飯食べてる?」「これでも持って帰り」とおかきを差し出す母親がおばあちゃん化し始めたなあと思うと同時にもう少し大事にしないとなと思うようになった。

なんだかよくわからないけど、生活費を受け取るのをやめてみた。 浮いたお金で何かおいしいもんでも食べてくれれば幸いである。


まあそれはそうと、自分で生活費を稼いで、自分で身の回りのことをちゃんとこなせる大人を目指したい今日このごろである。

まずは机の上に広がるお菓子の袋と、飲み干したコーラの缶と、食べ終わったカップヌードルの片付けから始めたい。


追記

先輩より「生活費を稼ぐ時間で単位を犠牲にして留年したら元も子もない」とのご指摘を頂いた。

生活費は3万を目標に稼いでるので学業に支障をきたすものではない。 学業に支障をきたしているのは地頭と勉強に対するモチベであることをここに補足しておく。

モチベ上げろ馬鹿野郎