落ちゆく単位を見てて思ったこと

大学1年の前期、ぼくは20単位を履修登録した。
たぶんだけれど、10単位くらい落とす。
マジで1年目から留年しそうになってて笑えない。笑ってるけど。

さすがに、後期もこの調子だと1年目から留年の可能性が出てくる。ぼくの中で「留年=自主退学」で考えてるので、最悪の場合は来年から社会人になる。
でも正直社会人になるの怖いので、ちゃんと単位取って大学生続けたい。

そこで後期までにしっかり原因を分析して対策を練ろうと思った。

単位が落ちていった理由

至ってシンプルで授業に出ていなかったのである。あと出て寝てたか。出てコード書いてたか。

授業に出ていないと、小テストは受け損ねるし、中間テストはチンプンカンプン。ほとんどの教科は小テストと中間で30%~40%の評価が決まるので、この2つが出来てないと期末で満点近く取らないといけなくて辛さしか無い。よって落ちていく。

授業に出てなかった理由

なぜ授業に出れてなかったかと言うと理由は2つ、スタートアップの仕事してるのと、通学に往復で3時間半かかってることだと思う。

解決方法

実はもうこの問題解決してて前期の最後の方はちゃんと授業に出れていた。

何かと言うと、大学から徒歩10分の場所に引っ越したのだ。
通学にかかる時間が3時間くらい短くなって驚くほどに時間が増えた。 3時間あると普通に昼間に仕事を終わらせられるし、夜も12時~2時の間には寝れる。
すると朝も8時には起きられるので授業にも遅刻しない。

大学の近くに引っ越すとマジで授業に出られるようになる。
これで後期は単位取得率上げていきたい。てか上げないと社会人になっちゃう。嫌なので頑張る。