BMI13の世界

最近「BMI15の世界」という記事を見かけた。 ぼくも痩せ具合には自信があるので(?)、どれくらいなのか調べてみた。
結果、身長175cm、体重42kgのBMIは13.7だった。


基本的に、毎日ハンバーグ食べようが、毎日お菓子食べまくろうが、毎日アイスクリーム食べようが、体重はピクリとも増えない。

開発にのめり込んで昼夜逆転&ラーメン&チョコレート&エナジードリンクみたいな生活をしても体重がピクリとも変わらない脅威の痩せ型体型、それがBMI13の世界なのである。


普通の人からすると、大変羨ましいらしいのだけど、困ったこともたくさんある。

大きく別けてこの3つ。

1つ目は、普通に学校から虐待を疑われたり親戚から虐待を疑われたりした。なんというか、親にごめんなって言いたくなる。
2つ目は、本当に太っている人に言われた時にどう返していいのか分からず困る。
3つ目が一番嫌だ。マジで食べても太らないのである。毎日ポテチにしても太らないのだ。毎日ケーキ食っても太らないのだ。茶碗1杯生活を茶碗2杯生活に変えても太れないのだ。説教されたところで困る。あと飯は味わって食うもんだ。

あと、一番上で紹介した記事には、むくみとか立ってるのツライとか体力無いとかお腹壊すとかあったけど、あれは100%痩せ型のせいってわけじゃなさそうなのでここでは割愛する。

ただ、モデル体型っていう言い方してくれる人も居て若干救われたりする。