エロ本について

朝の5時、人の少ないコンビニのR18コーナーでエロ本を開いてみる。

「へぇ、これがエロ本か...」とか思いながらページを捲る。
エロコンテンツを楽しむというより、もはや昔使われてた何かを見てるような感覚で見る。
自分の趣味嗜好にあってないアダルトコンテンツがたくさん出てきてどう考えてもUX悪い。

ネットが普及した今、エロ本の存在意義が分からない18歳の春であった。
ふと思い出したので書いてみた。